自動車整備士向け転職お役立ち情報

自動車整備士の後悔しない転職のために必要なこと

転職を検討

2021/06/26

自動車整備士をしていて、転職をしたいと思い立ち、情報収集していると思います。
転職理由は十人十色で、例えば職場環境の問題や待遇改善、人間関係などの様々な要因が考えられます。

また、全ての人が転職して満足しているかというと、必ずしもそうではありません。
転職したことを後悔している人も当然おり、その多くは転職活動に何かしらの原因があります。
転職は人生の大きなターニングポイント。失敗した!と、あとあと後悔しないように、慎重に考えるべきです。

自動車整備士の後悔しない転職のためには準備が必要

転職を後悔している自動車整備士の活動を見ていると、準備不足の方が多いことがわかります。
求職者と企業の双方が満足する転職にするためには、お互いの理解を深めていく必要があり、そのためにはどのような企業なのかを深く理解し、また企業側が「この人と一緒に働きたい」と思ってもらえるように自分をアピールする必要があります。
このいずれかが不足していても、双方満足できる転職活動にはできません。

  • 求人情報、企業情報の不足
  • 自己分析の不足
  • 転職動機の掘り下げ不足

それぞれ具体的にどのようなところで準備不足が起きるのかをおさえて、後悔しない転職活動を進めていきましょう。

転職活動における自動車整備士の求人情報、企業情報の不足

おそらく転職活動の最初のステップとして、自動車整備士業界の求人情報を収集するでしょう。
情報化社会の現在、インターネットを利用すれば、自分である程度の情報を収集することも可能です。
しかし、よくある求人サイトの募集要項を見てみると、一見詳しく書かれているようで実は重要な情報が掲載されていなことが多々あります。

特に自動車整備士のような専門職の場合、働くにあたって必要な環境がしっかり整備されているかは気になる部分です。
何人ぐらいの自動車整備士のスタッフがおり、どれぐらいの年齢層なのか?どのような先輩整備士が指導してくれるか?働いていく上でのキャリアアップはどうなるか、などは当然気になるところです。
細かい話だと、工場のリフトの数も気になるでしょうか?

入社する前に自動車業界の求人企業のことをしっかり理解していないと、特に職場でのミスマッチが起こりやすいです。
インターネットの情報だけでなく、できれば現地を訪問するなど自分の目で確認しておきたいところ。

当サービス、自動車整備士転職サーチでは、ご希望の場合は職場見学のアポイントを当社よりさせていただき、同行することも可能です。
またキャリアコンサルタントが職場に取材を行っているので、実際の働く様子などの詳しい情報が手に入ります。
可能な限りの情報収集を行い、自分がその企業で働くイメージができるかどうかを想像し、慎重に判断しましょう。

転職活動における自己分析の不足

転職活動の中で、自己PRの良し悪しは採用の可否に大きな影響を及ぼします。
これは自動車整備士の転職でも同様です。
自己PRをうまく進めるためには、自分を深く理解する必要があります。
しかし実は自分の長所や短所についてわかっていないことが多いのも『自分』です。
しっかり自己分析をしていないと、自己PRが不十分で的外れなものになってしまって、採用担当者の心にも響きません。

なぜ自己分析が必要なのか?

自己分析を深めるために、求人企業の求める人材に当てはまるかどうかも重要です。
自動車整備士でも、企業やキャリアによって求められる人材は異なります。
例えばお客様の要望を聞きながら、整備の提案ができる整備士が欲しいと思っている企業があったとします。

この場合、いくら自動車整備の実績があり専門的な技術を持っていても、お客様への接客・応対がうまくなければ採用されにくいです。整備経験がまだ浅くても、コミュニケーションスキルに優れた整備士のほうが将来性を見て採用される可能性もあります。

このように、応募しようと思っている求人企業がどのような人材を求めているのか、自分のキャリアと長所と当てはまっているのかを考える必要があります。
いろいろな角度から自己分析をして、しっかり己を知ることが重要ということです。

自己分析のやりかた

面接時の自己PRは、言うなれば「自分という労働力」を商品と見立て、その売り込みをするプレゼンテーションのようなものです。

商品を売り込むにあたって、商品のことを一番に理解していなければなりません。
自分は自動車整備士として、今までどのような経験や実績を持っているかを整理して把握しましょう。

そのほかにも自分の性格なども分析することです。
性格などはなかなか自分ではわからないものなので、家族や友人に聞いてみることで、自分では気づかなかった一面や長所を発見できるかもしれません。

自動車整備士転職サーチではキャリアカウンセリングの中で、自己理解へのサポートも行っています。
お気軽にご相談ください。

転職動機の掘り下げ不足

転職するにあたって、さまざまな転職動機があると思います。

  • 今の職場は給料が安くて、、、
  • 職場での人間関係に悩んでいる。話も合わないし、、、
  • 残業が多い毎日で、年齢的にも体力的にもつらい、、、

などなど、上記がよくある動機でしょうか??

転職するからには、前の職場よりも高収入であること、待遇面が手厚いこと、自分の能力を発揮できる職場であること、居心地のいい職場であること、などは叶えていきたい理想になり、それを求めることは当然です。

問題は、そもそもの転職動機の解消が満足できる転職につながるかどうかです。
上記の例だと、給料が安い⇒今より高い給料の職場へ転職すれば、一見問題がないように思われます。
しかしキャリアカウンセリングなどを通して動機の深堀を行っていくと、『長年働いているにも関わらず』『給料が安い』などのような、付随する情報が出てくることがあります。

このような場合、問題は『給料が安い』ということはなく、『長年働いているにも関わらず』適切に評価を行われない企業側の体制の問題であることが明確です。
表面上の問題(給料が安い⇒高い給料の会社に転職する)のみを捉えて転職をすると、後々満たされない不満に直面し、後悔することにつながります。
さらに根本的な要因が理解できず、転職を繰り返してしまうことも想定できます。

目に見える表面上の転職動機だけでなく、深堀を行って本当に解消すべき事柄を明確にしていきましょう。

企業理解、自己理解を怠らないこと

このように企業研究や自己分析における準備が不足していると企業とのミスマッチを生んだり、望まない転職につながる事があります。

特に、自動車整備士のような専門性の高い職種の場合、実績や技術があればいいと思われがちですが、働く職場におけるコミュニケーションや、年齢やキャリアに応じて求人企業から求められることも変わってきます。
求職者と求人企業、時間をかけてじっくりと情報交換を行えればお互いの理解も深まるのですが、なかなかそういうわけにはいきません。
基本的には短時間の面接や履歴書、職務経歴書で判断することになります。

これらの転職活動の準備や情報収集は個人で行うのは難しいでしょう。
そこでおすすめなのが、当社のような転職サイトの活用です。
転職サイトならキャリアコンサルタントが転職活動を全面サポートすることが可能です。
自動車整備士転職サーチでは企業情報を充実させ、専門家のキャリアカウンセリングを通して転職後のミスマッチを防ぐために求職者をサポートしています。
後悔しない、失敗したくない転職活動をご希望の場合、自動車整備士転職サーチへ一度気軽にご相談ください。

許認可:有料職業紹介事業( 23 - ユ - 302012 ) © 自動車整備士 転職サーチ All Rights Reserved.